ウガンダODAに関する質疑

2002年3月13日


●予算委員会 


--------------------------------------------------------------------------------

  

○委員長(真鍋賢二君)

 次に、田嶋陽子君の質疑を行います。田嶋陽子君。


--------------------------------------------------------------------------------


○田嶋陽子君

 社民党の田嶋陽子です。
 今、ケニア、タンザニアの問題が取りざたされていますけれども、私は、その隣の国であるウガンダについて鈴木議員との関係で質問します。
 私は、今年一月十五日、ウガンダのワパカブロ外務大臣にお会いしました。そのときに聞いた話です。以下、外務大臣にはここでおわびしなくてはなりません。一九九九年に鈴木さんが総理代理として我が国を訪問されました、しかしそのときに大統領が鈴木さんにお会いすることができなかった、このことでウガンダは過去二年間日本からのODAを受けることができない、おわびとしてウガンダの政府担当者が日本を訪問し、昨年、二〇〇一年十月に私自身も日本を訪れましたが状況は余り変わっていない、一時的にODAが停止されたことにより十一の病院の修復事業が止まり、カンパラのプロジェクトも幾つか停止されました。要するに、私が聞いたことは、鈴木議員が来たことでODAが二年も受けることができないという事実です。
 そこで、お伺いします。鈴木さんがウガンダを訪問したときに関係が悪くなったわけですが、一体何があったのか具体的に説明してください。


--------------------------------------------------------------------------------


○政府参考人(小田野展丈君)

 御説明申し上げます。平成十一年の八月に鈴木官房副長官は、ユネスコ事務局長選挙の支持要請のために総理特使としてウガンダを訪問いたしました。その際、ムセベニ大統領が首都カンパラを離れていたことから同大統領との会談は実現せず、カジブウェ副大統領と会談することとなりました。ウガンダ側事務当局によればムセベニ大統領の不在理由は国境紛争関係の公務であったわけですが、カジブウェ副大統領は休暇であるというふうに説明をされていたと承知しております。
 また、同副大統領は何の連絡もなしに会談に四十分遅刻して参られたというふうに聞いております。
 さらに、ウガンダの外務大臣主催の晩さん会におきまして、主催者である外務大臣御自身が多忙を理由に欠席し、その欠席についても晩さん会二時間前に当方から行った確認によって初めて判明するとの事態が生じ、鈴木副長官も欠席するという経緯がございました。このため、外務省関係者より、一連の出来事が礼を失する不適切なものであった旨ウガンダ側に指摘し、また鈴木議員も外交儀礼上礼を失しているのではないかとの見解をウガンダ政府に伝えたというふうに承知しております。


--------------------------------------------------------------------------------


○田嶋陽子君

 ウガンダ政府に落ち度があると伝えた結果、改善はされましたか。関係改善です。


--------------------------------------------------------------------------------


○政府参考人(小田野展丈君)

 お答え申し上げます。
 先方からは、その間の事情につきまして説明がございました。それから、例えば去年の十二月に行われましたTICADの閣僚会議におきましても政府の関係者が出席してまいりましたし、日本とウガンダの関係につきまして、緊密化を図るべく双方ともに努力しているところでございます。
○田嶋陽子君 ここに鈴木議員が総理代理で行ったときの発言応答要領というのがあります。その中に挙げられている対ウガンダODAのプログラムを挙げてください。


--------------------------------------------------------------------------------


○政府参考人(西田恒夫君)

 お答えをいたします。
 恐縮でございますが、突然の御質問なので手元に今資料がございません。後ほど調べて御報告に上がります。


--------------------------------------------------------------------------------


○田嶋陽子君

 私の時間が少ないのですが、残念ですが、読み上げます。二つのプログラムがあります。医療サービス改善計画とカンパラ市内道路改善計画ですね。これに関しては、その後調査団を派遣してプログラムを実施していらっしゃいますか。


--------------------------------------------------------------------------------


○政府参考人(西田恒夫君)

 お答えをいたします。
 第二次のカンパラ市内幹線道路改修計画につきましては、先般二月に第一回の現地調査を実施し、済みまして、そして三月の末から第二回目の調査を実施する予定でございます。


--------------------------------------------------------------------------------


○田嶋陽子君

 今年のですか。


--------------------------------------------------------------------------------


○政府参考人(西田恒夫君)

 さようでございます。


--------------------------------------------------------------------------------


○田嶋陽子君

 この一九九九年八月十八日に鈴木議員が話した内容では、その年の一九九九年九月から、あるいは二〇〇〇年一月に調査団を派遣するということになっていますが、その遅れた理由は何でしょうか。


--------------------------------------------------------------------------------


○政府参考人(小田野展丈君)

 御説明申し上げます。
 ウガンダにおきましては、特に九九年以降、爆弾テロ事件や外国人観光客殺害事件が起こるなど、治安面での問題が中心に不安定な様相を見せておりました。また、ウガンダは、九八年八月に始まりました隣国のコンゴ民主共和国の紛争に派兵するという事態となりました。このコンゴ民主共和国における紛争には、ウガンダのみならず複数の国が派兵を行い、大湖地域情勢を不安定化するものとなり、また改善の見通しが、兆しが見えないまま長期化の様相を呈していたというのが当時の状況でございます。


--------------------------------------------------------------------------------


○田嶋陽子君

 鈴木さんが訪れたのは八月ですが、七月にそのルサカ合意が守れなかったということで、もう既にそういうことは分かっているわけですね。それでもこの応答要領ですか、それを持って鈴木さんは行ったわけです。なぜですか。


--------------------------------------------------------------------------------


○政府参考人(小田野展丈君)

 突然の御質問でございましたので、ちょっと手元に資料がございませんので、お調べいたします。


--------------------------------------------------------------------------------


○田嶋陽子君

 要するに、二〇〇〇年六月に国連安保理でルワンダとウガンダの撤退が決まったわけですね。そして、二〇〇〇年七月に撤退したと言われています。
 ですから、鈴木議員は、それとは関係なく、ちゃんと調査団を派遣すると言っているはずなのにしていないということは、そこで何かが起きたことと関係があるわけですよね。そのことについてコメントをお願いします。


--------------------------------------------------------------------------------


○政府参考人(小田野展丈君)

 先ほど申し上げましたとおり、国内におきまして治安面で問題が出てきましたので、それを考慮したわけでございます。九八年の部分については手元に資料がございませんが、例えば、九九年の一月ではウガンダの国の一部が渡航情報の一又は二に指定されておりました。ところが、一月には一及び二の地域が拡大し、それからまた三月にはその地域を再度拡大するというような状況でございました。九九年の六月には更に一部を渡航情報の三というふうに指定するような状況でございましたので、治安面において問題があったというのが私どもの認識でございます。


--------------------------------------------------------------------------------


○田嶋陽子君

 ウガンダでは、一日六十五円とか七十五円で暮らしている絶対貧困者の数が多いところです。ウガンダの外務大臣、それから保健相が言うには、経済成長率も平均四・五%、HIV感染者の数もアフリカで一番数が減っているから、是非ODAを開始してほしいと言っています。これは、是非ともすぐに開始してほしいと思います。
 それから私は、やっぱり途上国に対して、たとえ失礼なまねがあったとしても、それを謝っているわけです。二回にもわたって使者が謝りに来ているわけですから、余り横柄な態度を取るということは、人道上の問題、政治の問題、大変な問題になると思いますので、よろしくお願いします。
 それからもう一つの質問、大使の責任について外務大臣にお伺いします。
 大使はどういうことをする人ですか。


--------------------------------------------------------------------------------


○国務大臣(川口順子君)

 日本国政府の大使館というのがそれぞれの国にあるわけでして、その長として、二つの国の間の関係を友好的なものに維持する、そのために情報を取るとか、あるいは日本の考え方を向こうに伝えるとか、そういった相互のコミュニケーションのための仕事をする人間であると私は考えております。


--------------------------------------------------------------------------------


○田嶋陽子君

 私が聞くところによりますと、鈴木議員と同じように青木大使も激怒していたということですが、今、外務大臣がおっしゃったように、大使というのは両方の関係を調整し、コミュニケーションを取る役割をするとするならば、青木大使はあらかじめ、大統領が会えるのか会えないとか、外務大臣が遅れて来るのか遅れて来ないのとか、そういうことは部下を使ってきちんと情報を上に上げる役目があったと思うんですね。それを議員と一緒に怒って、関係を改善するどころか改悪しているということは、私はこれは大使としての役目は果たしていらっしゃらないと思います。(発言する者あり)
 ウガンダを知らない。ウガンダに行ってきました。よくウガンダ時間とかインドネシア時間とかいろいろなことを言いますけれども、でもウガンダの人たちも大変いろんなことを学んでいます。
 外交をよろしくお願いします。終わり。


--------------------------------------------------------------------------------


○委員長(真鍋賢二君)

 以上で田嶋陽子君の質疑は終了いたしました。(拍手)

田嶋陽子の

「書アート

こもれる日々

      2017615日(木)~621日(水)

    ギャラリー      コンセプト21

 

         (港区北青山3-15-16              TEL03-3406-0466

 

2016年8月~予定

●ZEN展 

2016年

8月22日(月)

     ~29日(月) 

東京都美術館 

ロビー階第一展示室

東京都台東区上野公園8-36

TEL03-3823-6921

開館時間 9:00~17:30 (入館は17:00まで) 

 

●田嶋陽子書アート展

 ギャラリー花の妖精

2016年9月3日(土)

   ~ 9月11日(日) 

 

長野県軽井沢町

発地116-6 

電話0267-48-1273

田嶋陽子歌とトークショ 9/3(土)16時~

●CACA現代

      アート書展 

2016年9月13日(火)

    ~9月18日(日)

アートスペースリビーナ港区北青山3-5-25

表参道ビル4F

 

電話03-3401-2242

What's New

脳ベルshow(BSフジ)

1/20(水)22:00~

1/27(水)22:00~

 

 

田嶋陽子書アート展 & 歌

2016年

6月4日 土~7月24日 日 

笠間日動美術館 

企画展示館1階

茨城県笠間市笠間978-4 電話0296-72-2160

開館時間 9:30~17:00 (入館は16:30まで) 

休館日 月曜日

(祝日の場合は開館し、その翌日が休館)

★田嶋陽子歌とトーク 7/2(土)18時~ 

2016年

9月3日 土~9月11日 日

ギャラリー花の妖精

長野県軽井沢町発地116-6 

電話0267-48-1273)

★田嶋陽子歌とトーク 9/3(土)16時~